勉強するのに年齢は関係なく、その学ぼうとする意欲であるが、それでも40代になると、記憶力が衰えてしまう。

40代での勉強が大変になる理由
40代での勉強が大変になる理由

勉強するのに、40代はきつくなる。

勉強をするのに、年齢は関係ないけれども、若い時と違って、明らかに暗記力の低下や、学習意欲の持続力の低下を感じると思います。それも、40代になると、本当に覚えることがつらく、せっかく覚えても、脳に定着しないので、覚え続けることができずに、何度も同じことを学習している割には、成果が出ません。これは、20代から暗記力が低下していくという、医学的事実もあるからでしょうか。まず、40代で勉強しようと思うその意欲はすごいことでしょう。
そして、計画を立てて、無理のないところで学習していく。学習姿勢を続けていくということは、学習内容と同様に、とても大変なことであり、強い精神力も必要だと思います。
そこで、学習して、免許を取得したりするためには、その内容を覚えなくてはいけません。若いときに出来たことが、40代になるとできなくなることが多いのです。だから、個人それぞれに合った学習方法を自ら考えて、計画立てて学習することが大切です。暗記することが多くなってくると、なかなか頭に入ってこないことは誰でも経験していることでしょう。
しかし、覚える作業は、時間と根気で粘り強く頑張ることです。暗記、すなわち能に知識を刻みつけることは、得意な人もいれば、苦手な人もいると思います。そのため暗記法として学習内容を声を出して読みあげ、それを録音して自分の声で何度も聞くという方法です。これは、弁護士などを目指す方法だと以前に聞いて実践したことがあります。