歳を重ねるごとに勉強をしても覚えが悪くなっているのを実感しています。40代になったらどうなるのでしょうか。

40代での勉強が大変になる理由
40代での勉強が大変になる理由

40代になってからの勉強

もうすぐ私は、35歳になります。そうなると、四捨五入をすると、40代になってしまいます。未成年の頃に思っていたのは、40代と言えばお母さんの年代というイメージでしたが、そのお母さんの年代にもう自分がなろうとは信じられない話です。
同級生でも早く出産をした人の子供はそろそろ高校生です。
もう数年もすれば子供を産んでいるかもしれません。そうなると、40代になる前に孫がいる人もいるかもしれません。そんなことを考えていると、ますますいつの間にか自分も歳を重ねてきたのだなという風に実感させられます。そんな高校生のころには考えられなった年代に自分がなりつつありますが、仕事をしていれば、新しいことが出てくるたびに勉強をしなくてはなりません。
例えば、パソコンを操作する勉強をするにしても、私くらいの年代でも、若い子に比べれば覚えは遅いものです。
私の娘はまだ5歳ですが、怖がることもなくパソコンをどんどん操作していきます。そんな子供のころの好奇心は年代とともになくなっていくものです。
そんなこともあってか覚えの悪い自分が悲しくなってしまうときもあるものです。
今の30代でもそう思うようになってしまっては、40代になればもっと覚えが遅くなるのかと思うと、辛いものがあります。
しかし年齢を言い訳にしていては、いつまでたっても前には進めません。やる気さえあれば、なんとかなるかもしれません。覚える効率は悪くてもやる気でカバーできるように、頑張っていかなくてはと思いました。